スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

マイケル・ベイ、西洋版「コックリさん」を題材にした映画を企画






 マイケル・ベイが主宰する制作会社プラチナム・デューンの次回作の企画が明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、映画『テキサス・チェーンソー』やリメイク版映画『ヒッチャー』を手掛けてきた同社が、アメリカの玩具メーカーのハズブロ社が販売している「ウィジャボード(Ouija Board)」を題材にした映画を製作するそうだ。「ウィジャボード」とは、日本ではなじみのない名前だが、「コックリさん」といえば日本人なら誰しも理解できるのではないだろうか。降霊術で使われる霊応盤(文字盤)のことで、アルファベットと数字のほか、Yes(はい)やNo(いいえ)などが書かれた盤の上を「プランシェット」と呼ばれる文字を指し示す板を滑らして楽しむものだ。

 映画は、日本の「コックリさん」から想像できるようにスーパーナチュラル・アドベンチャーストーリーとなる予定で、今回の映画化はハズブロ社とユニヴァーサルとの6年間の戦略的パートナーシップによって実現した企画だ。

 「コックリさん」といえば、日本の怪談話に必ずといっていいほど登場する禁断の遊びで、最近では韓国のアン・ビョンギ監督によって映画『コックリさん』というホラー映画が製作されている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/01 12:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ナオミ・キャンベル、ロンドンでの警察官暴行事件で起訴 | ホーム | クエンティン・タランティーノ監督の次回作は来年のカンヌ国際映画祭へ出品?>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/96-8a5e408a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。