スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

カンヌに突然登場した日本人ムッシュ・モリモトって誰?【第61回カンヌ国際映画祭】






 第61回カンヌ国際映画祭にて、日本の68歳になる無名俳優が監督週間部門出品の仏映画『ムッシュ・モリモト』で主演し、この程カンヌデビューを果たした。この俳優は、パリ在住のアーティスト森本兼市さん(本名は健一=68歳)。主人公同様に郵便局に務める公務員だったが、アーティストを夢見て定年退職後の2008年、家族を熊本に残してたった一人で渡仏した。トレードマークは、郵便局員時代から生やしているという、クルリと円を描いた白ヒゲ。

 このユニークなルックスに引き寄せられたのか、ある日、パリで画廊巡りをしていたところ、本作品のニコラ・ソルナガ監督にスカウトされたという。実は森本さんは、いまだにメモ片手に片言の仏語しか話せず「最初にニコラに声を掛けられた時も、『なんだかガチャガチャ言ってるな』ぐらいしか分からなかったんです。映画に出るなんて戸惑ったんですけど、ニコラの熱意に負けました」と笑う。映画は、森本さんのキャラクターをそのまま生かし、ボヘミアン生活に憧れてパリにやって来た自称・画家の“ムッシュ・モリモト”が主人公。家賃が払えずアパートを追い出されたムッシュ・モリモトが、個性的なアーティストやホームレスなどユニークな人々との交流を重ねながらパリを彷徨うファンタジーだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/05/26 01:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<急死したヒース・レジャーの元婚約者がカンヌに!【第61回カンヌ国際映画祭】 | ホーム | イ・ビョンホンの西部劇、三池崇史作品との違いは?【第61回カンヌ国際映画祭】>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/8-8c95603c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。