スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

手塚治虫Jr.と二人三脚のハリウッド版「鉄腕アトム」 デイヴィッド・バワーズ監督独占インタビュー






 「鉄腕アトム」のハリウッド版CGアニメ映画“Astro Boy”のデイヴィッド・バワーズ監督(『マウス・タウン ロディとリタの大冒険』)が、サンディエゴで開催された世界最大級のコミック&キャラクターの祭典Comic-Con International(コミコン)のブースで、バラエティ・ジャパンのインタビューに応じた。

“Astro Boy”のデイヴィッド・バワーズ監督の写真はこちら

 フルCG版を製作するにあたり、バワーズ監督は「北米のコミックファンを意識して、声もルックスも大人っぽいアトムにするつもりだったんだ」という。しかし、「手塚治虫さんの息子の(手塚)眞さんから『もう少し子どもらしく』という要望があり、いろいろ試行錯誤した結果、現在のかわいいルックスと声のイメージに落ち着いた」と語り、原作のイメージを損なわないようにした姿勢がうかがえた。

 アトム役の声優は、『チャーリーとチョコレート工場』などで知られるイギリス人子役のフレディ・ハイモア。声変わりを迎える年齢だけに、「あと6カ月は大丈夫だと思うが、彼の部分は早く撮り終えないとね」と笑いながら話した。

 ほかにも、アトムの生みの親・天馬博士にニコラス・ケイジ、お茶の水博士にビル・ナイ(『ラブ・アクチュアリー』)、アトムが売られるサーカスの団長にネイサン・レイン(『プロデューサーズ』)らがアフレコを担当する...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/08/01 07:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『TOKYO!』ミシェル・ゴンドリー監督自信「野心的な映画作りできた」 | ホーム | 村上春樹「ノルウェイの森」が映画化決定!なんと出版から21年で初めて!>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/776-ea548447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。