スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

E・ノートン「L・タイラーとキスしたかった」 『インクレディブル・ハルク』ジャパンプレミアで下心暴露






 アメコミのヒーロー「超人ハルク」が原作の『インクレディブル・ハルク』のジャパンプレミアが29日(火)、東京・有楽町の日劇1で行われ、主演のエドワード・ノートンとリヴ・タイラーが舞台挨拶に立った。

エドワード・ノートン&リヴ・タイラー、その他の写真はこちら

 18年前に4カ月ほど日本在住経験のあるノートンは、「日本語、全部忘れちゃいました。まいど、おおきに」と流ちょうな大阪弁で挨拶。脚本にアイデアを提供して製作にかかわるほど思い入れもひとしおのようで、「これまで演じてきた役どころを思うと、今回の役を自分が演じたことが信じられない。でも、たまにはスーパーヒーローの役を演じるのもいいかな……と思って」と説明した。

 タイラーとの共演については、「脚本を書いているときに、雨の中を一緒に走ってキスするシーンを思いついたんだ。せっかく共演できるのだから、このチャンスを逃してなるものか! と思った」と裏話を告白した。

 一方、隣で爆笑していたタイラーは、「パーティで何度も会っていたけど、今回が初共演。ずっと一緒に仕事がしたいと思っていたから、実現して最高よ」と話した。MCとして登壇したおすぎの「エドワードがパーティに行くって想像できないわ」という発言にも、ノートンは「24時間パーティ、オーケーだよ」と終始ご機嫌だった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/31 09:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ジェイ・チョウ夢は実写版『ドラえもん』の監督 『カンフー・ダンク』トークイベントでアイデア披露 | ホーム | 「グレイズ・アナトミー」のクリエイター、「キャサリン・ハイグルの発言は侮辱とは思っていない」>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/761-674a4c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。