スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

市井昌秀監督グランプリ含む3冠 第30回PFFアワード2008授賞式






 第30回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)のメインプログラム「PFFアワード2008」の授賞式が25日(金)、東京・渋谷東急で行われ、市井昌秀監督の『無防備』がグランプリをはじめ3部門を制した。

市井昌秀監督、その他の写真

 節目の年のグランプリに、市井監督は「賞を取るために映画をつくっているわけではないが、やはり励みになります。妻が妊娠したことがきっかけで、出産をテーマにしたこの作品を撮ることになりました。無事に生まれてきた息子にも感謝したい」と感無量の面持ち。2006年に出品した『隼』は準グランプリだっただけに、喜びもひとしおだ。

 『無防備』は、交通事故による流産で心に深い傷を負った女性と、出産を控え幸せな将来が約束された女性の心の交差を丹念に描いている。

 トロフィーを授与した審査員のSMAPの香取慎吾は、「僕は最初からこの作品をグランプリに推しました」。そして、「審査員5人がそれぞれ違うグランプリ候補を選んだので、まったく話がまとまらず、ようやくこの作品に決まりました。衝撃的な出産シーンが強いインパクトを残しますが、選考理由には含まれていません」と3時間半に及んだ最終審査を振り返った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/26 19:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<奈良橋陽子13年ぶり監督作初披露 映画業界の裏側描く『天気待ち』 | ホーム | ジブリの熱気が伝わる1300点のレイアウトを公開 スタジオジブリ・レイアウト展26日開幕>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/717-840e779a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。