スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

マドンナ対策か? ヤンキースA・ロッドが大手タレント事務所と契約






 米大リーグ最高の内野手といわれる、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが、ハリウッドの大手タレント・エージェンシーであるウィリアム・モリス・エージェンシー(WMA)と契約し、野球以外でも自身のブランドを拡大していくことになった。米ウォール・ストリート・ジャーナルのサイト上で22日(火)に発表された。

アレックス・ロドリゲスの写真はこちら

 AP通信によると、この契約はロドリゲスのマネージャー、ガイ・オセアリーによって交わされた。オセアリーは、音楽ビジネス界の大御所でもあり、同エージェンシーと強いつながりがある。

 ロドリゲスは声明文の中で、「WMAとパートナー関係になることは、クリエイティブかつ革新的に、私のキャリアの領域を広げてくれるだろう。国内外で一緒に何ができるのか、今から楽しみだ」とコメントしている。

 俳優のデンゼル・ワシントンやラッセル・クロウをはじめ、エンタテインメント界、ビジネス界の大物を多く抱えるWMA。スポーツ選手では、NBAのドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)やケビン・ガーネット(ボストン・セルティックス)、テニスのセリーナ・ウィリアムズらが名を連ねる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/24 11:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<12歳のトップモデルが性的対象に…業界の闇に共感したミス・アメリカにインタビュー | ホーム | シャマラン監督が“監督しない”スリラー始動 資金調達・製作ベンチャーで年間1本の映画製作へ>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/695-0f9553db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。