スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

シャマラン監督が“監督しない”スリラー始動 資金調達・製作ベンチャーで年間1本の映画製作へ






 『ハプニング』の日本公開が26日(土)に迫ったM・ナイト・シャマラン監督とメディア・ライツ・キャピタル(MRC)が、資金調達・製作を行うベンチャー会社Night Chroniclesを立ち上げた。3年間にわたり、年間1本ずつのスリラー映画を製作していく予定だ。

M・ナイト・シャマランの写真はこちら

 企画サイドを担当するシャマランが、ストーリー・アイデアを作り、脚本家と監督を選出。シャマラン自身が、製作のみを手がけるのは初めての試みだ。資金サイドは、MRCが担当し、共同で著作権と製作統括権を持つことになる。

 MRC側にとって、シャマランと組むメリットは2点。脚本執筆に監督、製作、時には出演もできる、アイデア豊富なフィルムメイカーであること、作品を製作予算内に収めることで定評があることだ。

 MRCの社長Tory Metzgerは、「今までナイト(・シャマラン)を成功に導き、この時代に唯一のフィルムメイカーとして位置づけてきた要素が詰まった作品群になる予定」と自信を見せる。現在、シャマランには映画化に向けた2つのアイデアがあるということだが、脚本家などは未定だ。

 シャマランが著作権を保持する形で契約を結ぶのは、今回が2度目...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/24 11:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マドンナ対策か? ヤンキースA・ロッドが大手タレント事務所と契約 | ホーム | 『ポニョ』ロケットスタートで快泳>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/694-4c80067f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。