スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

小林政広監督、ロカルノ国際映画祭の審査員に






 昨年のスイス・ロカルノ国際映画祭で『愛の予感』がグランプリにあたる金豹賞を受賞した小林政広監督が、今年の同映画祭審査員に選ばれた。

小林政広監督の写真

 同じく審査員に選ばれたのは25日に閉幕したカンヌ映画祭で、“Il Divo” が審査員賞を受賞したパオロ・ソレンティーノ監督、ギレルモ・デル・トロ監督作品の多くを手がけているメキシコ人プロデューサーのバーサ・ナヴァロ、『わが教え子、ヒトラー』などのスイス人監督ダニー・レヴィ。

 合計7人となる審査員の残りのメンバーも6月初めには発表される見通し。審査委員長は例年、審査員本人たちによって選定され、映画祭初日に発表される。

 第61回となる今年は8月6~16日に開催される。

 国際コンペティション部門で20作品が審査の対象となる。ラインナップの発表は7月17日。

■関連記事
『愛の予感』舞台挨拶、ロカルノ映画祭金豹を本邦初公開 (2007/11/26)
長い長い反復と、凝視によって描かれる暗き道をたどる二つの人生 (2007/11/19)
切実さの定番を突き抜けた寛容なるおかしみ (2007/11/30)
2007年、どんな日本映画が海外で栄誉を受けたか? (2008/01/04)
(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/05/30 14:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エルヴィス・プレスリー仕掛け人の暴露本が映画化 | ホーム | タイの王様が監督した映画を上映!?>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/69-9f6c8482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。