スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

香山リカ、失恋休暇の必要性説く 『帰らない日々』特別試写で悲しみの対処法披露






 交通事故にあった加害者と被害者を取り巻く家族の悲しみと崩壊、希望を真しに描いた『帰らない日々』の特別試写会が17日(木)、東京・スペースFS汐留で行われ、精神科医の香山リカと雑誌「マリ・クレール」の生駒芳子編集長がトークショーに出席した。

香山リカと雑誌マリ・クレールの生駒芳子編集長の写真はこちら

 家族が崩壊していく過程を追った作品に対し、香山は「子どもにしてみれば、(家族は)ずっと一緒にいるものだけれど、夫婦の間はいつ離れてしまうか分からない危うさがある」と精神科医の観点から分析。「幸せな家族でも戸棚にはミイラがある」という話を引き合いに出し、「どんな家族でも問題を抱えている。この映画も他人事ではない」と映画のテーマに共感した。

 そして、さまざまなケースの悲しみに接してきた自身の経験を踏まえ「とにかく休んで、ジッと神経が再生するのを待つ」と悲しみの対処法を披露。「日本では家族を失った場合お休みが取れるけれど、失恋休暇は取りづらい。最愛のペットをなくした人にも休暇が必要」と持論を展開した。

 一方、生駒編集長は「わめいて、愚痴って、とことん悲しむべき。後は自然と浮かび上がってくる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/19 13:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第60回エミー賞のノミネーションが発表!「ダメージ」が史上初の快挙 | ホーム | 二十三回忌は盛大に!石原裕次郎さん命日にファン300人>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/655-54cd0e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。