スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラの妹、死去






 映画『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラの妹を演じていたイヴリン・キースが子宮ガンのため亡くなった。91歳だった。亡くなったのは7月4日で、死亡届が提出されるまで公表を控えたという。イヴリンのほかの作品は映画『幽霊紐育を歩く』『ジョルスン物語』など。

 結婚を繰り返したイヴリンはエヴァ・ガードナーの元夫でジャズ・クラリネット奏者のアーティ・ショウや映画『マルタの鷹』『黄金』『アフリカの女王』の監督ジョン・ヒューストンのほか、チャールズ・ヴィダー監督とも結婚し、離婚している。3年間交際をしていたプロデューサーのマイケル・トッドは、イヴリンを捨ててエリザベス・テイラーと結婚したことでも話題となった。この件に関しては自伝“スカーレット・オハラの妹”で、「言いにくいが、エリザベスと恋に落ちた」とマイケルに言われたと語り、「まあ、永遠のものなんて何もないもの」とつづっている。

【関連情報】
アカデミー賞のポスターに過去の名作のセリフが
映画史上最もロマンチックな映画は?
(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/16 04:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<田村英里子「求む!日本からのオファー(笑)」、「ヒーローズ シーズン2」引っ提げ2年ぶり凱旋 | ホーム | ディズニーが日本のティンカー・ベルのオーディションを!日本語吹き替え版声優を募集>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/615-f87175b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。