スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

東映&テレビ東京のタッグ強化、アニメだけでなく実写も続々…






 『クライマーズ・ハイ』(ギャガとの共同配給)の好スタートで意気上がる東映の今後のラインナップに、テレビ東京の出資作品が増えている。公開中の藤原竜也主演『カメレオン』をはじめ、石原さとみ主演の『フライング☆ラビッツ』(9月13日公開)、木村佳乃主演の『おろち』(9月20日公開)、そして製作が決まったばかりの『劇場版 エリートヤンキー三郎』(来春公開予定)など。これまでは『劇場版ポケットモンスター』シリーズなど、アニメ作品には定評があったが、実写作品にこれだけ力を入れるのはかつてなかったこと。そのパートナーに、東映を選んだ格好だ。

『フライング・ラビッツ』に主演の石原さとみの写真はこちら

 「今、テレビ局はどこも広告スポットの頭打ちで、業績が厳しくなっている。だからどの局もスポット以外の事業収入で、全体の売り上げをアップさせる必要が出てきた。映画事業は、そのなかで大きな位置づけになっている。テレビ東京は、フジテレビ、TBS、日本テレビなどと比べて映画事業への積極的な参入が立ち遅れていた。だが、ここにきて得意のアニメ以外の実写作品でも、事業の幅を広げる方向性を見せてきた。狙いはもちろん、映画事業収入のアップだろう」と、ある映画プロデューサーは指摘する...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/12 21:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『ネコナデ』集客率維持し2週目も好調、上映回数を増やす劇場も | ホーム | サシャ・バロン・コーエン、婚約者との結婚式を延期>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/576-3b74f807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。