スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

世界貿易センタービルを綱渡りで8往復した男に直撃インタビュー!






 サンダンス映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門で話題となった映画『マン・オン・ワイヤー』(原題)について、綱渡り師フィリップ・ペティットに話を聞くことができた。本作は1974年ニューヨークにある世界貿易センタービルの頂上で綱渡りをしたフィリップの人生を鮮明に描いた作品だ。

‐この作品を通して、あなた自身が学んだことは何でしょうか?

(フィリップ・ペティット)この作品は自分の人生にとって、大変貴重なものだと思っているよ。まず今までの自分の失敗や、さまざまな出来事を思い返すことができたからね。そういう意味ではこの映画全体を通して、僕の人生をもう一度学ばせてもらったという感じかな。あの当時は僕のことが話題になってコマーシャル出演のオファーが何度かあった。それを受けていればすぐにでも億万長者になれたよ。だけど僕は全部拒否してきたんだ。生活は苦しかったけど、名声を利用するのは嫌だったからね。

‐これだけの度胸のあるあなたに、恐怖という感情はあるのでしょうか?

(フィリップ・ペティット)確かにあの高さは怖いよね。だけど僕は昔から高いところに登るのが好きで、今でも毎日4時間のトレーニングを積んでいるんだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/12 13:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イーサン・ホーク、妊娠中の元子守の恋人と結婚? | ホーム | アンジェリーナが入院先の病院の窓越しに?病院側は写真はニセモノと断言>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/570-d9cf268b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。