スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ウイリアム・フリードキン監督がオペラ版「不都合な真実」を演出






 2011年にミラノのスカラ座で上演されることになっているオペラ版「不都合な真実」を、ウィリアム・フリードキン監督(『フレンチ・コネクション』『BUG/バグ』)が演出することが決定した。

ますます盛んなウィリアム・フリードキン監督
 
 オペラ版の台本を手掛けるは、詩人のJ.D. マクラッチー。脚本家でもある彼は、ネッド・ローネム作曲のオペラ“Our Town”を手がけたほか、ミュージカル「ライオン・キング」の演出家ジュリー・テイモアとオペラ”Grendel“を共同執筆している。 

 また、楽曲はイタリアの作曲家、ジョルジオ・バッティステリが担当し、1年前から作曲を始めている。同オペラはスカラ座のイタリア統一150周年記念寄与の一環として上演。後援団体には、映画『不都合な真実』にも出資したParticipant Mediaも名を連ねている。

 同オペラは2011年5月11日に開幕する予定。

 新作スリラー『BUG/バグ』が日本公開中のフリードキン監督は、今年9月に上演される、ロサンゼルス・オペラの作品も演出する。題材は、プッチーニの「三部作」で、3時間45分の作品としてまとめられる。「外套(がいとう)」と「修道女アンジェリカ」をフリードキンが演出し、残る「ジャンニ・スキッキ」はウディ・アレンがオペラ初演出する...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/11 03:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リンゴ・スター68歳誕生日に愛と平和を叫ぶ | ホーム | 逮捕されたテイタム・オニール、司法取引で禁固刑をまぬがれる>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/557-a9fd2057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。