スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ベン・アフレック、コンゴの現状を描いた番組に出演






 ここしばらく公開作のないベン・アフレックだが、その合間に、人道活動へ興味を持ったようだ。ベンは、アフリカのコンゴ民主共和国について描くテレビ番組に出演。これは、アメリカのABCテレビで放映される報道番組「ナイトライン」のために作られたもので、コンゴが直面する人権危機をテーマにしている。コンゴでは1994年から市民紛争が起きており、過去10年の間に、紛争のために400万人が飢餓や病気で命を落としたといわれている。ベンは、コンゴで起きている人道危機について「現実を知る必要がある」と語り、昨年だけで3度コンゴを訪問。難民キャンプや病院、現地の武装勢力などを訪れた。映像は、ベンが紛争を生き延びた人々や兵士、救護員として働く人々との出会いを追っている。ベンは、「何か行動を起こしたり、発言をする前に、しっかりと現実を学びたい」と語っている。

【関連情報】
ベン・アフレック、再びベストセラー小説を映画化
ブラッド・ピットが降板した新作映画、エドワード・ノートンも降板へ。代役はベン・アフレック
ベン・アフレック、ドリュー・バリモア製作の豪華スター勢揃いの映画へ出演か?
(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/10 02:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スト決行で脚本家たちの収入アップ!? | ホーム | EUの印税一元化策にミュージシャンが猛反対>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/540-417287c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。