スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

トリビューン社融資受けるもLAタイムズ従業員解雇は変わらず






 米トリビューン社は、ロサンゼルス・タイムズ紙の大量解雇を宣言した直後に、バークレイズ銀行から3億ドル(約320億円)のローンを組んだことを発表した。このローンは主に、現在抱えている負債を返済にあてられる。

3億ドルの融資を受けたトリビューン社の象徴ともいえる、トリビューン・タワー外観の写真はこちら

 バークレイズとの商取引は、公開市場で割引形式にて発行する無担保の約束手形コマーシャルペーパーで行われるという。このローンを受け取ることにより、トリビューン社は期日にならないと受け取れない金額を待たずに現金注入できるようになる。しかし、これは負債に苦しむ同社にとって財政危機の兆候といえる。

 ロサンゼルス・タイムズは、250人の従業員を解雇すると発表し、そのうちの150人は編集部員だ。紙面規模も、弱体化し続けるカリフォルニア州の経済と広告費の減少により15%縮小する。

 トリビューン社は、バークレイズから受ける融資額のなかから、2億2500万ドルをすでに抱えている負債への返済に充てるとしている。負債総額は14億ドルあり、2009年7月までに返済しなければならない。証券取引委員会に提出された同社の第1四半期報告によれば、6億5000万ドルのローンは返済期日が今年12月初めと迫っている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/08 20:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<前代未聞!本当に住宅ローン肩代わりしてくれる、全米No.1のウィル・スミスの新作キャンペーン | ホーム | ジュード・ロウが15歳下、20歳のモデルと一夜を過ごす?>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/529-2c6f8140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。