スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

印INXがボンド映画20本の放映権を獲得






 インドで創業したばかりの放送局INXが、米MGMからジェームズ・ボンド作品20本の同国内での放映権を取得した。

『007/慰めの報酬』に出演する現ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグの写真はこちら

 インドの国内興行成績のなかでハリウッド作品が占める割合はわずかだが、それでもボンド映画の認知度は高い。買い取った20作品と、ボンドに関する3本のスペシャル番組は、INXが持つ9Xエンタテインメント・チャンネルで放送される予定。同チャンネルは、ヒンズー語放送としてインドで3位に位置している。

 「ボンド作品を、インドのなかで1つの傘下に収めました。この契約により、同地域でのプロモーションやパブリシティの機会は格段に上がるでしょう」と話したのは、MGMワールドワイド・テレビジョンの共同社長ゲイリー・マレンツィ。「9Xと手を組み、ボンド・シリーズを同地域で見せていけることを、楽しみにしています」

 INXの社長は、Peter & Indrani Mukerjea夫妻。ボンド・シリーズは、9Xと9X Musicで年末から放送されていくという。また同社は、NewsXという英語によるニュースチャンネルももっている。

■関連記事
引退宣言しても永遠のジェームズ・ボンド、ショーン・コネリー (2008/03/18)
“21世紀のジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグ (2008/03/03)
「ジェームズ・ボンド」シリーズ最新刊発売 (2008/05/30)
007の新作、スタントマンが重体 (2008/04/26)
007最新ボンド・カー無惨!撮影外で湖にドボン (2008/04/22)
(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/08 15:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<米俳優組合と芸術家連合の攻防し烈に | ホーム | 土屋アンナ、カメラの前で泣き崩れちゃった!柳原可奈子もびっくり!>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/526-5d489516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。