スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

阪本順治監督自虐ネタに藤原&水川苦笑い






 故松田優作さんのために書かれた丸山昇一の脚本を映画化した『カメレオン』が5日、全国61スクリーンで公開され、東京・銀座の丸の内TOEI 2で行われた舞台挨拶に、主演の藤原竜也、水川あさみ、阪本順治監督が登壇した。

藤原竜也、水川あさみ、阪本順治監督の写真はこちら

 過去を捨て裏社会で生きる青年が、ある国家機密を知ってしまったことで強大な組織に狙われていくハードボイルド・アクション。阪本監督は、「ふだん僕がつくる作品は、友達のいなさそうな人ばかり見にきてくれるけど、藤原君目当ての女性ファンがたくさん来てくれて新鮮な気持ちです」と話し、笑いを誘った。

 続編の可能性について問われると、「『相棒-劇場版-』くらいヒットしてくれればね。でも、キャストは同じでも、監督は変わってたりして……」と自虐的な挨拶を展開。これには、藤原と水川も苦笑いするほかなかった。それでも、「とてもシンプルでうすい脚本だった。だからこそ、現場を預かる自分の手腕が問われると思った」と自信のほどをアピールした。

 「難しい役どころだと思った」という藤原は、「阪本監督と丸山さんの作品で、自分がどう変化していけるか試したかった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/07 18:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<堤真一「ドキュメンタリーな現場だった」 『クライマーズ・ハイ』初日は即席誕生会 | ホーム | hot buzzで期待を煽る、タランティーノのマブダチ監督!>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/513-423933f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。