スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ロサンゼルス・タイムズ紙250人リストラ






 米ロサンゼルス・タイムズ紙が、9月1日のレイバー・デイ(労働者の日)までに250人の人員削減を行うと発表した。

大なたを振るったサム・ゼルの写真はこちら


 この人数は全社員の15%に相当し、編集部員では150人が解雇されることになる。2000年には約1200人いた編集部員が、約700人にまで減ることになった。

 親会社で米メディア大手のトリビューン社は、2007年に米不動産王のサム・ゼルに買収されて以来、広告収入の低下と巨額の負債で経営困難に陥っており、さらにカリフォルニアの経済悪化がそれを後押しする形となっている。傘下のボルチモア・サン紙、シカゴ・トリビューン紙、Hartford Courant紙などでも相次いでコスト削減を行っており、ロサンゼルス・タイムズ紙にも大なたが振るわれることになった。

 同紙ではこれまでに、人員とページ数削減に反対した編集長のディーン・バンケットとジェームス・オシュア、発行人のジェフリー・ジャンセンが辞職している。元LAタイムズの記者ケヴィン・ロダーリックは、この解雇による「LAタイムズの志とスタッフの質の大幅ダウン」を、自身のブログ“LAobserved”で懸念する。

 現在の発行人David Hillerは、人員削減とともに新聞とウェブに分かれていた編集部を統合...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/06 06:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<09年正月興行は邦画が大攻勢 | ホーム | ハリウッドデビューを飾る高岡早紀、ワイルド&セクシーですでに貫録十分!>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/498-50306ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。