スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ヴェネチア映画祭ラインナップの発表はじまり充実の兆し






 ヴェネチア国際映画祭(8月27日~9月6日)のコンペティション部門に、『バベル』の脚本家として知られるギジェルモ・アリアガの監督デビュー作“The Burning Plain”が出品されることが明らかになった。

シャーリーズ・セロンの写真はこちら

 トラブルだらけの子ども時代を過ごした主人公(シャーリーズ・セロン)が、両親との関係修復を図るというドラマで、過去と現在が同時進行で展開する構成になっている。子ども時代の主人公の母を、(キム・ベイシンガー)が演じている。

 同作への出資は2929 Productionsが行い、プロデューサーはウォルター・パークスとローリー・マクドナルド。セロンは製作総指揮としても参加している。

 今年のカンヌ映画祭のマルシェ(映画見本市)で、すでにフランスのワイルドバンチとイタリアのMedusaが、それぞれ配給権を獲得している。

 オープニングは、コーエン兄弟のスパイコメディ“Burn After Reading”に決定。そのほかのラインナップについては、7月29日の最終発表を待たなければならないが、ショーン・ペン主演のゲイの政治活動家ハーヴェイ・ミルクの伝記映画“Milk”(ガス・ヴァン・サント監督)やロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノが共演の“Righteous Kill”(ジョン・アヴネット監督)、“Genoa”(マイケル・ウィンターボトム監督)、“Miracle at St. Anna”(スパイク・リー監督)などの出品がうわさされている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/03 16:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<6月の米映画界はガソリン高騰で!?大健闘 | ホーム | ウィリアム・ハート、「ダメージ」の第2シーズンへ>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/462-05dabff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。