スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

米俳優組合、早期のスト実施を否定






 ついに米俳優組合(SAG)の現行契約が満了となる6月30日を迎えてしまった。いよいよストライキの可能性が高まってきたが、SAGのアラン・ローゼンバーグ会長は、まだストライキ決議案の準備を行っていない、と声明を発表した。 

 「現時点で、ストや締め出しなどを持ち出すと、大事な話し合いが横道にそれてしまいます。われわれSAG交渉委員会は、公正な契約条件を求めて毎日、誠意をもって交渉のテーブルについています」

 また、ストライキがすぐに始まるとの憶測がハリウッドで広まっているのは、スタジオ側の業界団体AMPTPの戦略にすぎない、とコメント。「団体の恐怖戦術にだまされないように」と、組合員に注意を呼びかけている。
 早期のスト突入は回避されたものの、映画・テレビの多くがストを予期して6月中にクランク・アップしており、新企画はストの危機がなくなるまで製作に入ることができないため、実質的にハリウッドは活動停止状態に陥ることになる。

 ローゼンバーグ会長の声明は、AMPTPとの交渉41日目に発表された。現行契約の満了を目前に控え、双方は週末にも交渉を行ったが、暫定契約の是非を問う米テレビ・ラジオ芸術家連合(AFTRA)の組合員投票が終わるまでは、大きな進展はないものと見られている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/03 05:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<映画『300』が続編製作へ、ヒーローなき物語に光明はあるのか | ホーム | “レーサーX”マシュー・フォックスがしょく罪求める殺し屋に>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/454-937fc86e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。