スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ハリウッドがまたストに突入か!?全米俳優組合ストライキ決行かで大揺れ!






 ついこの間全米脚本家組合(Writers Guild of America 通称WGA) の大ストライキがやっと終了したと思ったら、今度は全米俳優組合(Screen Actors Guild of America 通称SAG)のストライキ決行か否かで、ハリウッドが再び大きく揺れている。

 12万人の組合員を誇るSAGの大型ストライキが前回行なわれたのは30年近い昔になる1980年のこと。論争の的となったのは、ビデオ映画、ケーブルテレビ並びにペイパービュー(1回ごとにお金を払って比較的新しい映画をテレビで観られるシステム)関連の収益から、当然俳優にも支払われるべきギャラについての交渉に折り合いがつかず、3か月にも及ぶストへ突入した。

 今回の重要ポイントとなっているのは、WGAストライキのときと同様でインターネットから得る収益をどのような割合で、俳優たちに配分するかである。

 SAGの契約交渉は、WGAストライキが終了した直後の4月からスタートした。交渉の相手は、WGAストライキのときに悪役としておなじみになってしまった、大手映画スタジオお偉方プロデューサーたちである。彼らにいわせてみれば、WGA、そして全米監督組合(Directors Guild of America 通称DGA) は契約にOKしたのに、なぜSAGは欲を張って同じ契約に合意しないのか? という言い分なのだが、SAGにはSAGの言い分があり喧々囂々(けんけんごうごう)...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/02 17:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウィル・スミス夫妻設立の小学校、サイエントロジーの関与は否定 | ホーム | 『花男ファイナル』2日で10億突破>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/447-a182120e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。