スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

山田洋次、一番のお気に入りは『男はつらいよ』49作品目…未完のまま…






 27日、松竹本社にある東劇にて映画『男はつらいよ』誕生40周年プロジェクト発表会が行われ、スペシャルゲストとして山田洋次監督と倍賞千恵子が登壇した。記念すべき映画第1作目が1969年8月27日に公開されてから今年で40年を迎え、計48作品が生み出された『男はつらいよ』シリーズだが、山田監督をはじめ倍賞もここまで成長し、愛されていくとは思わなかったと声をそろえて話した。

 本作が持つ魅力について山田監督は「40年という長い歳月でこの作品が愛される理由は、渥美清という名ピッチャーと倍賞千恵子という名キャッチャーのおかげ。彼らが演じていなければ成し得なかったでしょう。渥美さんに例えることのできる役者はいない」と名優、渥美を懐かしむように語った。一方、本作を「玉手箱のような作品」だという倍賞は、「わたしはこの作品のさくらを通して人生や社会、人間を知ることができました。この作品には笑いも涙も時代も描かれていますし、今でも寅さんから『さくら!』って呼ばれるシーンを観るとドキッ! とするんです」と話してくれた。

 今年は『男はつらいよ』誕生40周年の年でもあり、渥美生誕80周年の年でもある。予定されていた49作目は渥美の死で未完となってしまったが、山田監督は「これまでのシリーズで一番納得がいく作品というのは49作目でしょうね...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/05/28 17:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソニン、初の悪役にも「自分へのチャレンジ」 劇場版『炎神戦隊ゴーオンジャー』に意欲 | ホーム | 『ナルニア』第2章は穏やかな出足!?>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/44-45983416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。