スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

黒澤明監督の自殺未遂事件の真相は?名スクリプター撮影秘話語る






 黒澤明監督のスクリプターとして、1950年の映画『羅生門』から黒澤監督作品に参加している野上照代さんが、ニューヨークで行われたジャパン・ソサイアティーのイベントにゲストとして登場した。実生活でも個人的に黒澤監督と親しかった野上の口から、日本映画黄金時代での活躍や、知られざる撮影秘話が語られた。

‐野上さんの仕事を詳しく説明していただけますか?

(野上照代さん:以下敬称略)スクリプターというのは、ごく簡単に言いますと、一般的に撮影は順番通り撮らないのですが、編集を担当している方が最初から観られるように、これは何番目のどのシーンだとわかりやすいように記録する仕事ですね。編集の方のためにする仕事です。

‐『羅生門』の撮影現場はいかがでしたか?

(野上照代)黒澤監督は、光と陰の調整によく鏡を反射させて撮影していましたね。森林を歩いていた志村喬さんの後ろに、作った葉っぱを振りかざしていたこともありました。この作品ほど森林の奥まで入って行って撮影したのも当時では珍しいですし、これほど美しく撮れた作品もないでしょうね。音響なんかもすべて同時に録音しているんですよ。

‐映画『生きる』の撮影現場はいかがでしたか?

(野上照代)志村さんが、ブランコに乗って「ゴンドラの唄」を歌っているシーンがありますが、あのときの役柄は末期ガンを患っているという設定だったので、彼の声を普通の歌い方と違うようにするために、フィルムの回転を変えたり、黒澤さんも歌ったりしたんですよ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/01 05:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神田うの「セックス・アンド・ザ・シティ」はまるで自分みたい!映画版に大共感! | ホーム | トロント映画祭のラインナップ出そろう>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/423-f123c9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。