スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ベン・アフレックが報道番組でコンゴをレポート 






 人気俳優で最近は映画監督としても活躍しているベン・アフレックが、米ABCの報道番組“Nightline”でレポーターを担当した。

レポーター、ベン・アフレック

 コンゴ民主共和国での人道的危機をレポートするのが目的で、アフレック自身が持ち込んだ企画。いかにして名声と向き合うべきか悩んでいたアフレックは、2005年にドン・チードル(『ホテル・ルワンダ』)が“Nightline”でコンゴの窮状を訴えるさまを目撃して、大いに刺激を受けたことがきっかけだという。

 AP通信の取材に対し、“Nightline”に挑戦した理由を以下のように語った。
「現代の社会においては、セレブリティにはお金がつきまといます。セレブリティ自体が、貨幣であると言っても過言ではないでしょう。あらゆることに投資できるし、浪費してしまうこともできる。また、本物の貨幣同様、重い負担もついて回ります。ですから、自分がセレブリティという貨幣を持っている間、どのようにそれを使うべきか、これまでずっと一生懸命考えてきた結果がこれなんです」

 昨年は、取材のため3度コンゴを訪問した。

 番組のエグゼクティブ・プロデューサー、ジェームズ・ゴールドストンによれば、アフレックは「レポーター」ではない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/28 13:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<完売間近でコミコン・チケット紛争ぼっ発!? 『アイアンマン』のヒット余波で注目度急上昇 | ホーム | アイルランド元首相を父に持つベストセラー作家、セシリア・アハーンが来日!>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/406-1d9feace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。