スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

東宝東和、米ユニバーサルとの国内配給契約延長






 洋画配給の東宝東和は26日(木)、米ユニバーサル・ピクチャーズと締結していた国内での配給契約を延長する方向で話がまとまったことを明らかにした。同日に行われたラインナップ発表の場で公にしたもので、ユニバーサル作品の配給を2010年まで行う見通しだという。

UNIVERSAL PICTURESのロゴマークはこちら

 両社の契約期間はほぼ1年半で、2007年11月に公開された『ボーン・アルティメイタム』から、ユニバーサル作品の国内配給をスタートした。今年6月までに、『アメリカン・ギャングスター』や『エリザベス:ゴールデン・エイジ』など計7作品を配給している。

 関係者によると、ユニバーサル側は09年以降も日本での同社作品のブッキング(公開劇場の決定)を進めていくことを、東宝東和へ積極的に依頼していたという。7本の興行成績のなかには満足のいかない結果に終わった作品もあっただろうが、東宝東和の強いブッキング力は、ユニバーサルにとって魅力的であったのだろう。

 なお、東宝東和が今後配給していくユニバーサル作品には、エドワード・ズウィック監督の社会派問題作『ディファイアンス(原題)』(09)、ベニチオ・デル・トロ主演の『ウルフマン(原題)』(09)、ニコラス・ケイジ主演の超大作『ノウイング(原題)」(09)、渡辺謙も出演するファンタジー大作『ダレン・シャン(原題)』(09)、ジョニー・デップ主演の犯罪劇『パブリック・エネミーズ(原題)』(10)、ラッセル・クロウ主演のアクション作品『ノッティンガム(原題)』(10年)など大作、話題作が目白押しだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/27 23:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『ダークナイト』が初上映 故ヒース・レジャーがプロモーションの中心に | ホーム | ハミ乳ピンチ!?ポロリ満載のセクシー美女がヒョウ柄ボディースーツで潜入捜査官>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/397-27c39417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。