スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

『カンフー・パンダ』被災地四川でも大ヒット






 アメリカで大ヒットを記録しているドリーム・ワークスのアニメーション映画『カンフー・パンダ』が21日(土)、震災を受けた中国・四川省で華々しいデビューを飾った。同作は、被災者を傷つけるとの非難が起こり、中国当局によって当地での上映が延期となっていた。

『カンフー・パンダ』の別カット

 19日に北京でプレミア上映を行い、四川省以外の全中国で翌20日に公開。パンダの故郷である四川省では、パンダを自身の作品に取り入れている前衛芸術家の趙半狄(ジャオ・バンディ)氏から「作品が粗末で、地震の被災者の気持ちを踏みにじるものだ」と国家ラジオ映画テレビ総局に抗議があり、上映が一時延期された。

 今回の地震では約9万人が死亡または行方不明となっており、臥龍(ウーロン)自然保護区を含む四川省内のジャイアント・パンダの生息地も大きな被害を受けていた。

 しかし、趙氏の抗議の直後、「被災地の人々には、元気付ける映画が必要」との反発の声がインターネットでいっせいに沸き起こっていた。

 Sichuan Pacific Cinema Circuitのワン・ジャンピン氏が新華社通信社に語ったところによると、同作は21日に省都である成都で、そして翌22日には被災したほかの町でも上映が始まったという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/26 08:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<往年の人気ドラマ「逃亡者」DVDにファンの批判集中 | ホーム | でかっ!CGじゃない本物!櫻井翔もびっくり全長5.5mのヤッターワン公開!>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/375-01b128c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。