スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

『インディ・ジョーンズ』世界興収トップに日本貢献






 全世界の興行成績で、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』が3週間ぶりにトップに返り咲いた。

ハリソン・フォード、『インディ・ジョーンズ』の場面写真はこちら

 同作は62カ国5877館で公開され、2500万ドルを獲得。ようやく21日に封切りとなった日本が1310万ドルを記録し、1位復帰に大いに貢献した。

 すでに同作は世界で3億9200万ドルを突破しており、全米興行成績でも1億ドルを超えている。主要マーケットでは依然として堅調な成績を残しており、公開5週目となったイギリスではわずか18%ダウンで280万ドルを獲得。同国内の興収は7460万ドル、アメリカを含む全世界の累積は6億8300万ドルとなり、7億ドル突破は時間の問題だ。

 第2位は、50カ国4700館で2340万ドルを獲得した『インクレディブル・ハルク』が入り、第3位は52カ国6554館で2140万ドルを獲得した『セックス・アンド・ザ・シティ』だった。とくに『セックス~』は、夏の映画商戦に女性向け映画をぶつけるという作戦が見事にあたり、米国外では、全米成績を4000万ドル近く超える1億7000万ドルを獲得している。

 前週トップを制したM・ナイト・シャマラン監督の『ハプニング』は、公開2週目で56%ダウンし、1420万ドルだった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/24 21:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小栗旬、「花男」への思い強し!VネックTシャツで“F4”から浮いたけど… | ホーム | インドの複合会社、ドリームワークスとの出資交渉認める Rajesh Sawhney社長、米バラエティ紙に真意語る>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/357-00aa7a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。