スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

フランス政府、子ども向けテレビ番組に危険信号






 フランス文化省クリスティーヌ・アルバネル大臣が、アメリカから発信されるBaby TVやBabyFirstTVなどの幼児向けテレビ番組の危険性を、放送局と保護者に訴えた。

Baby TVのロゴマークはこちら

 「内容に関係なく、3歳以下の子どもを対象とする番組」に対して、仏Directorate General of Health(健康局)から出された報告を受け、アルバネル大臣は20日に「保護者の方々に、これらの番組を子どもに視聴させないことをお勧めします。イメージと音を使って、子どもを破壊してしまう可能性があります。幼児にどのような影響を与えるのか、まだわからないのです」と発表した。

 アルバネル大臣と同国の視聴覚最高評議会(CSA)は、双方ともBaby TVやBabyFirstなど、乳幼児や幼児を主な対象としたテレビ番組が秘めている危険性について注意を喚起している。これらの番組は、フランスをはじめ、他のヨーロッパ圏でもケーブルテレビや衛星放送を通じて視聴することができる。両チャンネルとも、イギリスを中継してフランスへ流れているが、若者向け番組に対してCSAの規制をかけることはできないのだ。

 CSA全体会議は17日、イギリスの情報通信庁Ofcomに、危険性における意識向上を要求することを承認した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/24 10:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新作コメディ対決『ゲット スマート』に軍配 | ホーム | 米HBO、G・バーン主演“In Treatment”続行決定>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/350-d8cca1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。