スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

米演劇の最高峰、2008年トニー賞発表!






 米演劇界の祭典「第62回トニー賞」の受賞者および受賞作品が8日(日)、ニューヨークのラジオ・シティ・ミュージック・ホールで発表された。

授賞式の模様はこちら

 ミュージカル作品賞の“In the Hights”、 演劇作品賞の“August: Osage County”とも、演劇界の新星である脚本家による作品となった。一方で、1949年に誕生した名作「南太平洋」のリバイバル版が、計7部門を制し、新風と伝統が入り交じる授賞式となった。

 レッド・カーペットには、舞台劇のテレビ映画版“My Boy Jack”での演技が評価されているダニエル・ラドクリフ(4月18日関連記事)やアレック・ボールドウィンらも登場し、授賞式を盛り上げた。

司会のウーピー・ゴールドバーグ受賞作品、受賞者は下記の通り。

<ミュージカル部門>

●作品賞
“In The Heights”

●リバイバル作品賞
「南太平洋」

●監督賞
バーレット・シャー(「南太平洋」)

●主演男優賞
Paulo Szot(「南太平洋」)

●主演女優賞
パティ・ルポーン(“Gypsy”)

●助演男優賞
ボイド・ゲインズ(“Gypsy”)

●助演女優賞
ローラ・ベナンティ(“Gypsy”)

●脚本賞
ステュー(“Passing Strange”)

●衣装デザイン賞
キャサリン・ズーバー(「南太平洋」)

●装置デザイン賞
マイケル・イヤーガン(「南太平洋」)

●音響デザイン賞
Scott Lehrer(「南太平洋」)

●照明デザイン賞
ドナルド・ホルダー(「南太平洋」)

<演劇部門>

●作品賞
“August: Osage County”

●リバイバル作品賞
“Boeing-Boeing”

●監督賞
アナ・D・シャピロ(“August: Osage County”)

●主演男優賞
マーク・ライランス(“Boeing-Boeing”)

●主演女優賞
ディアナ・デュナガン(“August: Osage County”)

●助演男優賞
ジム・ノートン(“The Seafarer”)

●助演女優賞
ロンディ・リード(“August: Osage County”)

●衣装デザイン賞
カトリナ・リンゼイ(“Les Liaisons Dangereuses”)

●装置デザイン賞
トッド・ローゼンタール(“August: Osage County”)

●音響デザイン賞
Mic Pool(“The 39 Steps”)

●照明デザイン賞
ケヴィン・アダムス(“The 39 Steps”)

<ミュージカルおよび演劇>

●作詞作曲賞
“In The Heights” (リン=マニュアル・ミランダ)

●編曲賞
Alex Lacamoire & ビル・シャーマン(“In The Heights”)

●振付賞
Andy Blankenbuehler(“In The Heights”)

●特別功労賞
スティーヴン・ソンドハイム

●地方劇場賞
シカゴ・シェイクスピア・シアター

●特別トニー賞
ロバート・ラッセル・ベネット (1894-1981)
(リバイバル作品「南太平洋」にて、編曲が再フィーチャーされている)

■関連記事
2008年度トニー賞ノミネート発表 (2008/05/19)
正月映画の注目は、邦画の大型作品対決 (2008/04/14)
(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/19 08:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<渡辺満里奈、夫と立場は一緒「100%子育てにかかわってます」 | ホーム | 『時計じかけのオレンジ』が嫌いだった!主演のアレックスに直撃インタビュー!>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/287-b7625521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。