スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ヘビ役者の田口トモロヲ、股間技にしびれる!






 24日、渋谷シネ・アミューズにて映画『世界で一番美しい夜』の初日舞台あいさつが行われた。午前の上映が終了した直後に出演者の田口トモロヲ、月船さらら、石橋凌のほか、天願大介監督が登壇、観客から拍手で迎えられた。 【関連作品の画像はこちら】

 天願監督の父親は、巨匠の故・今村昌平監督。父親の作品で、戦争体験によりヘビになってしまった男を見事に演じていた田口を自作で起用し、再びヘビ男を演じてもらったという。親子にわたって同じような役をオファーされた田口は「ヘビ役者冥利につきます。役作りのために、動物園で何時間もヘビを観察して監視員にヘンな目で見られました(笑)。大変だったけどやってよかった」と語った。

 日本の神話を基に、神、セックス、テロなどをキーワードにしながら、人間の幸福の形を問いかける同作。田口は「石橋凌さん演じるキャラクターの、股間でのかわら割シーンは見ていてしびれました(笑)。21世紀、日本映画史上最高のアニキと呼びたいです」と共演者の演技を絶賛した。

 一方、ミステリアスなスナックの美人ママを演じた、元タカラジェンヌの月船は役柄で身に付けていた貞操帯の付け心地を聞かれ「演じているときは、真剣に役に入っているので記憶にないけど…」と困惑したが「この貞操帯に惹(ひ)かれて映画を観に来る方もいるので、その点ではしてやったりですね」とユーモアで切り返した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/05/27 13:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<史上初の空中記者会見!イケメンの真っ平らなお腹も披露 | ホーム | 東京学生映画祭節目の20回でグランプリを映画館で特別上映>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/28-92b3d8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。