スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

米俳優組合、重要項目譲歩せず






 大手スタジオに、交渉を行き詰らせたと非難された米俳優組合(SAG)だが、焦点となっている項目については、一歩も譲らない姿勢を見せている。

 SAG交渉委員会は13日に出した声明のなかで、テレビ局・映画スタジオ側の業界団体(AMPTP)との間の契約が、ゴールンデンタイムの契約が失効する今月30日前にはまとまるだろうと発表。30日目の交渉となる16日(月)の話し合いで、決着がつくとした。

 SAGのゴールデンタイム交渉委員会は満場一致で、8つの項目を最優先させることを是認。その項目とは、中級俳優の利益増額、雇用主からの年金と健康保険、DVD再使用料、製品統合乱用からの保護、不可抗力保護の維持、新しいメディアでの映像使用料、そして新しいメディアにおける権限と、再利用料だ。

 これらの項目が入ることは、すでに予期されていた。SAG幹部は、過去数週間にわたってこれらの項目を必要不可欠とし、米テレビ・ラジオ芸術家連合(AFTRA)にも属する44000人のメンバーに、AFTRAが結ぶゴールデンタイムの契約承認を否決するようキャンペーンをしていた。

 「我々はすべての俳優にとって最良の契約を結べるよう、団結しています」とSAG委員会は言う...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/17 20:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブロードウェイ“一肌脱いで”AIDSチャリティに協力 | ホーム | マドンナの弟が赤裸々暴露本を出版!マドンナは非公認>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/271-d945f7c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。