スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

米興行成績トップはE・ノートン主演作『ハルク』






 米ユニバーサル・ピクチャーズとマーベル・コミックが組んだエドワード・ノートン主演作『インクレディブル・ハルク』は、3505館で2100万ドルを記録し、力強いスタートを切った。

“『インクレディブル・ハルク』の場面写真はこちら

 驚きの好発進を見せたのは、米20世紀フォックスの『ハプニング』。M・ナイト・シャマラン監督のR指定ホラー・スリラーは、その指定にも負けず2987館で1300万ドルを記録し、予想をくつがえして2位にランク・イン。マーク・ウォルバーグ出演作は、シャマラン監督の前作『レディ・イン・ザ・ウォーター』が出したオープニング成績の倍を記録している。

 2位の座を巡っては、『ハプニング』と米ドリームワークス・アニメーションと米パラマウント・ピクチャーズの『カンフー・パンダ』の接戦となった。3位に入った『~パンダ』は13日だけでも1000万ドルを記録し、累計を9360万ドルとしたことから、公開公開2週目で1億ドルを突破するのは確実と見られている。家族向け映画は伝統的に、土・日に成績を上げるため、週末興行成績では2位に入る可能性もある。

 米ソニー・ピクチャーズのアダム・サンドラー主演作“You Don’t Mess With the Zohan”は4位に入り、3466館で550万ドルを記録...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/17 18:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マドンナの弟が赤裸々暴露本を出版!マドンナは非公認 | ホーム | 藤原竜也と同じステージで絶賛された男、アナンダ>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/269-65b7e460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。