スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

「ショートショート映画祭」に中田英寿も登場! 鈴木勉監督『胡同の一日』がグランプリ受賞






 日本初の本格的な短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2008」のアワードセレモニーが15日(日)、東京・代々木の神宮会館で行われた。

“グランプリを獲得した鈴木勉監督や別所哲也の写真はこちら

 記念すべき10回目となる同映画祭でグランプリを受賞したのは、鈴木勉監督の『胡同の一日』。日本作品がグランプリを獲得するのは同映画祭史上初となる。鈴木監督は、「初めて手がける短編映画で、まさかグランプリをいただけるとは……。映画製作は、チームスポーツのようなものなので、スタッフが全員一丸となって頑張ってくれたことに感謝したい」と、破顔一笑で関係者をねぎらった。

 『胡同の一日』は、北京オリンピック開催に向けて取り壊されていく歴史的な町並み“胡同”を舞台に、そこで暮らす人々のたくましさを描いている。

 トロフィーを授与するプレゼンターを務めたのは、『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督。鈴木監督と力強い握手を交わすと、場内からこの日1番の盛大な拍手が響きわたった。

 ライトマン監督は、2001年に同映画祭でコメディ“In God We Trust”が入選を果たしたことがあり、「この映画祭は本当に思い出深く、大切にしたいと思っている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/17 14:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トム・ハンクス、撮影中にパニックになった花嫁をエスコート! | ホーム | ヴェール脱いだ『アイアンマン』に驚がく 様々な観客層に対する手厚い仕掛け>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/266-5ffa7772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。