スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

パトリス・ルコント監督に独占インタビュー!100万人動員ヒット作を語る






 フランスで100万人を動員する大ヒットを記録した映画『ぼくの大切なともだち』のパトリス・ルコント監督に、本作が描く男同士の友情について話を聞いた。「あなたには友だちがいない」と言われた男が、10日間で友だちを作ろうと奮闘する姿をコミカルに描きながら、友情とは何かを観る人に問いかける傑作だ。

【関連写真】映画『ぼくの大切なともだち』写真ギャラリー

 本作で楽しいのは、愛すべき“クイズおたく”のタクシー運転手ブリュノ(ダニー・ブーン)が披露する豆知識の数々だ。マヨネーズという言葉の由来や、エッフェル塔の名前の由来など、思わず「へぇ」と言いたくなるうんちくがたくさん出てくる。これらは脚本家のジェローム・トネールとパトリス監督が、インターネットや本などからネタを集めて選んだそうだ。この豆知識は、ブリュノとフランソワ(ダニエル・オートゥイユ)が出会うきっかけを作り、後半のクイズ番組でドラマチックな展開を見せる伏線にもなっている。「クイズの問題もわたしたちが考えたんですよ」とちゃめっ気たっぷりに教えてくれたパトリス監督。こうした遊び心を絶妙な案配で取り入れつつ、緻密(ちみつ)に組み立てられた脚本の完成度が素晴らしい...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/17 03:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小泉今日子が!手塚治虫文化賞の授賞式にサプライズ登場! | ホーム | ガンを全面否定!「ポール・ニューマンはガンと闘病中」とコメントした友人が一転>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/259-0f7cdfb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。