スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

Comic-Conでの宣伝に工夫凝らすメジャースタジオ






 サンディエゴで毎年行われるComic-Conはかつて、アメコミファンのための地味なイベントだったが、今では大作映画を抱えるスタジオにとって絶好の宣伝の場となっている。

“City of Ember”の場面写真はこちら

 マーベルは昨年、『アイアンマン』で使用したスタン・ウィンストンデザインのアーマー“マーク1”を会場に陳列し、大きな話題を集めることに成功した。アーマーの写真はインターネットをかけめぐり、マーベルにとってこれ以上ない宣伝となり、今夏の大ヒットに貢献したのは言うまでもない。

 今年、新作映画“City of Ember”を抱えるウォルデン・メディアはさらに派手な仕掛けを用意している。映画に登場する空想都市を再現した特別列車を作り、ロサンゼルスからComic-Conの会場があるサンディエゴまで走らせようというのだ。

 特別列車には、2両編成の特別車両に映画の小道具や衣装を展示するほか、15分の特別フッテージ上映を行うという。乗車できるのは25人の報道関係者のみで、同乗するギル・キーナン監督や脚本家のキャロライン・トンプソン、プロデューサーのゲイリー・ゴーツマンらと会談しながら2時間30分の列車の旅を楽しむことができる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/16 19:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アメリカ市場でプレステ3好調 ゲームソフト部門では「Wii Fit」が第3位の人気 | ホーム | ブリタニー・マーフィら美女3人想像を超える恐怖を味わう>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/256-0abea724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。