スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

キャサリン・ハイグルがエミー賞ノミネートを辞退 「グレイズ・アナトミー」での扱いに不満?






 米テレビ界最大の祭典である第60回エミー賞(プライムタイム・エミー賞)が迫るなか、「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」に出演しているキャサリン・ハイグルが、なんとノミネートの辞退を申し出た。

キャサリン・ハイグル、その他の写真はこちら


 ハイグルは昨年、同作でエミー賞ドラマ部門助演女優賞を受賞している人気女優だが、ハイグルの広報がAP通信に伝えたところによると、「今シーズンはエミー賞にノミネートされるだけの演技をする機会が与えられず、エミー賞の高潔さを維持するためにも」辞退することを決めたのだという。

 また、自ら賞レースから身を引くことで、「素晴らしい機会を与えられた他の女優さんから、ノミネートの機会を奪ってしまうリスク」を避けたい、ともいう。

 「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」はアメリカでシーズン3の放送を終えたばかりで、かつてほどの人気はないものの、まだ視聴率トップ10内に君臨している。ただし、最近のストーリー展開については、パトリック・デンプシーら出演者から「やりがいがない」などの不満の声が出ており、ハイグルの辞退宣言も、見せ場をつくってくれない製作陣への不服の表れだといえる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/15 15:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『007/慰めの報酬』今度は主演のクレイグ負傷 | ホーム | G・クルーニー最新主演・プロデュース作はスパイもの>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/240-1ca9c813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。