スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

工藤夕貴、母性本能をフル発揮!自慢の“息子”を大絶賛で親バカ?






 7日、丸の内TOEI2で映画『春よこい』の初日舞台あいさつが行われ、主演の工藤夕貴、小清水一揮、そして三枝健起監督が登壇した。

【関連写真】映画『春よこい』

 本作で逆境の中、家族を守り続ける母親を熱演した工藤は、「人間が育つ場所は家庭。この映画を通して、親子愛が日本中に広がれば」とコメント。息子を演じた小清水が、少し緊張気味だと気付くと、小声で「みんな観てねって、ホラ」とそっと耳打ちしアドバイスするなど、撮影中に芽生えた母性本能を発揮していた。

 また工藤は、現在12歳の小清水について「本当に愛すべきキャラクター。わたしの愛情を受け止めてくれ、本当の子どものようだった」と語り、ベタぼれの様子。また「よくできる子役さん」とその演技力にも太鼓判を押し、親バカぶりも披露していた。

 実は三枝監督も前作の映画『オリヲン座からの招待状』に出演した小清水の演技を高く評価しており「今回もどうしても起用したかった。とにかく小清水君(のスケジュール)を抑えてくれってお願いした」と大絶賛。一方、当の小清水は最後まで緊張が解けなかったのか、表情は終始硬めで、写真撮影の際も「もう少し笑顔で」とカメラマンからお願いされていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/10 22:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<15歳セレナ・ゴメスが「結婚するまでバージン」宣言 | ホーム | ディカプリオ主演“ゲーム界の父”の半生映画化>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/197-d4fbf620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。