スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

大塚寧々、子連れで小林薫と再婚する役に挑み「すてきな人…」と力説






 7日、有楽町スバル座にて大人の実力派俳優が顔をそろえた映画『休暇』が公開初日を迎え、主演の小林薫、大塚寧々、大杉漣、柏原収史、そして監督の門井肇が舞台あいさつを行った。

【関連写真】映画『休暇』の関連写真

 共に1951年生まれの小林と大杉は意外にも今回映画初共演。死刑囚を収監する拘置所に勤務する刑務官の部下と上司にふんし、執行現場に立ち合うという難しい役どころだ。大杉を「幅の広い奥行きのある方」と評した小林は、現場でどれだけ助けられリラックスできたかを語った。が、当の大杉は「自分のためにムードを作っているだけで、逆に皆さんにご迷惑を掛けているんじゃないか」とひたすら謙遜(けんそん)。それでも、新人刑務官を演じた柏原の地元でもある山梨ロケの現場がいかに殺風景であり、男ばかりのむさくるしさで大塚にも会えなかったと嘆いていた。さらには、しゃべり続けるうちに言いたいことと口から出ることが違ってきてしまい「『マルコヴィッチの穴』のように、どんどんドツボにはまってしまう」と大いに笑わせ、ムードメーカーたるゆえんを十分に示した。

 大杉とは共演シーンのなかった大塚は、子連れで小林と再婚するしんの強い女性を演じたのだが、「こんなすてきな人と結婚できて良かったです!」とあまりに力強く言い切ったために、「そんな吐き捨てるような言い方をしなくても……」と思わず小林の苦笑いを誘った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/10 17:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サム・ライミ監督、『スパイダーマン4』が楽しみ! | ホーム | 『相棒』ブームで和泉聖治監督もブレークの予感>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/193-68b86dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。