スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

サラ・ポーリーに直撃インタビュー!ストーカーになって大女優を追いかけた?






 31日から公開される映画『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』で監督デビューを果たしたカナダの女優サラ・ポーリーに話を聞いた。結婚44年目にして妻がアルツハイマー病を患い喪失感に苦しむ夫の姿をきめ細やかに描写し、監督としても才能を発揮したサラが撮影秘話を語ってくれた。 【関連作品の写真はこちら】

 監督だけでなく自ら脚色も手掛けて、その見事な手腕に世界中の人が感嘆の声を上げたほど、高い評価を得た本作。原作(カナダを代表する女性作家アリス・マンローの短編「クマが山を越えてきた」)の魅力についてサラは、「長い歴史を重ねてきた夫婦の愛の物語であるというだけでなく、わたしたちが普段意識してないときの記憶が、わたしたちにどう影響を与えるのかというテーマに惹(ひ)かれた」と語る。

 何よりも本作で10年ぶりにスクリーンに復帰し、アルツハイマー病に侵される妻を演じた大女優ジュリー・クリスティの名演技は必見だ。「今回一番大変だったのが、ジュリーをキャスティングすることだった。彼女なくして撮影する気はなかったので、8か月もかけて説得したの」とサラ。女優として大先輩のジュリーに対して、20代のサラがどのように演技指導したのか大いに気になるところだが、「こうしてほしいという要望を伝えただけ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/05 08:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソニン、コスプレに赤面!「ジロジロ見られて恥ずかしい」 | ホーム | 綾瀬はるかと小出のおでこごっつんポスターの秘密をクァク監督が明かす>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/133-b435efbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。