スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

イヴ・サンローラン氏死去






 世界的なファッションデザイナーで、「モードの帝王」と呼ばれたアルジェリア出身のイヴ・サンローラン氏が1日(日)、病気のためパリの自宅で死去した。71歳だった。サンローラン氏は2002年1月のオートクチュール・コレクションを最後にデザイナー業を引退。その後はモロッコのマラケシュなどで療養中だった。

イヴ・サンローラン氏、その他の写真はこちら

 36年8月1日、仏領アルジェリア(当時)のオラン生まれ。53年に17歳で国際羊毛事務局主催のコンクールで最優秀賞を受賞したことがきっかけで、クリスチャン・ディオールにその才能を見いだされた。

 57年にディオール死去に伴い、21歳で主任デザイナーに就任。58年の初コレクションでトラペーズ(台形)ラインを発表し、大評判となった。翌日の新聞では、「イヴ・サンローランはフランスを救った! 大きなディオールの伝統は続きます」と絶賛された。

 自身のブランド「イヴ・サンローラン」を設立したのは62年。女性が経済的自由を獲得した時代背景などを追い風に、世界的名声を確立し、日本や韓国にも進出した。66年には、女優カトリーヌ・ドヌーヴが出演した『昼顔』の衣装をデザイン。ヨーロッパの上流階級から絶大な人気を得た...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/03 21:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シャロン・ストーン、「地震は報い」発言で謝罪 | ホーム | LAスクリーニング不振のまま終了 脚本家協会ストの悪影響も>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/121-0b5e556f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。