スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

浅野忠信主演『モンゴル』が全米公開






 アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた浅野忠信主演の『MONGOL モンゴル』(セルゲイ・ボドロフ監督)がいよいよ全米で封切られる。外国語映画にとって不利といわれるアメリカ市場において、全編モンゴル語の字幕映画がどれほどの成績を収めるか注目を集めている。

『MONGOL モンゴル』の写真はこちら

 米メジャースタジオは、外国語映画の配給を敬遠しがちだ。その理由は、DVDからの収入が当てにできないからだ。英語映画であれば、興行収入の約70%ほどの収益をDVDセールスから獲得できる。しかし、外国語映画は50%以下という現実がある。

 Roadside Attractionのハワード・コーエンは、アメリカにおける外国語映画ビジネスの現状をこう説明する。
 「ほとんどの外国語映画は、薄利を狙う小規模な会社によって配給されています。賞レースにタイミングを合わせて公開することもありますが、赤字になることも多いのです」

 「字幕映画というだけで、アメリカの観客に対して壁を作ってしまうんです」と同意するのは、米ミラマックスのDaniel Battsek。「しかし、その壁は突破不可能なものではありません。外国語映画というのは、それ自体で1つのジャンルにはくくれないのです...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/03 07:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<全米デビューの『デスノート』2日で6万5000人動員 | ホーム | 杉本彩はお昼からエロチック…美脚チラ見えで、男性ファンは妄想モンモン!?>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/112-b11b09c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。