スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

元側近によるブッシュ暴露本にワシントン紛糾






 ブッシュ政権の中核にいた元大統領報道官スコット・マクレランが執筆したブッシュ政権の暴露本を書き、アメリカで相当な物議をかもしている。

ブッシュ大統領とスコット・マクレラン元大統領報道官

 その著書“What Happened: Inside the Bush White House and Washington's Culture of Deception”は、6月2日に発売される予定だったが、ひと足早く店頭に並ぶや、いきなり話題騒然となった。

 タイトルは、「ブッシュ政権内で何が起きたのか、ワシントンDCの偽りの文化」という意味合いで、以下のようなことが書かれてある。

 ・ブッシュ政権はイラク戦争の必要性を世間に訴えるため、プロパガンダ的にアメリカの世論を操作しようとした。
 ・CIA工作員の身元が暴露された事件では、ルイス・リビー補佐官らが彼に偽りの情報を伝えたため、彼自身も真実を語れなかった。
 ・ハリケーン「カトリーナ」のブッシュ政権の対応はお粗末だった。

 ほかにも、ブッシュ大統領は政治的に優れた才能があるが、結果を振り返り反省する姿勢に欠けているという内容や、コンドリーサ・ライス国務長官の性格がなかなか読みづらいと思っていることなど赤裸々だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/01 19:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マイコが「草なぎ剛の隠れ家」をこっそり訪問、ファンの声援に感激! | ホーム | ジョージ・クルーニー、国連平和維持軍の兵士を称える映像声明を出す>>


コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cc1aa.blog61.fc2.com/tb.php/100-92a0c3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。