スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

『蛇にピアス』24歳の原作者の金原ひとみが作詞で、Charaが主題歌!






 自らの舌にピアスを開け、背中に入れ墨を彫り肉体改造におぼれていくヒロインの愛と絶望の日々描く衝撃映画『蛇にピアス』の主題歌をアーティストのCharaが手掛け、作詞を原作者の金原ひとみが担当することが明らかになった。

【関連写真】映画『蛇にピアス』

 金原は弱冠20歳で第130回芥川賞を受賞したという文章に関しては飛び抜けた才能の持ち主。作詞という作業は初めての経験だったらしいが、その才能はやはり健在で、主題歌を手掛けたCharaは「短い作業の中で、よくできましたと感じているし、ひとみちゃんは作詞するときにメロディーに合わせて作ることができる人なんだなと驚きました。彼女が楽しんでくれていたらそれが一番です。ありがとう。いい経験でした」と16歳年下の金原を絶賛していた。

 本作の監督である蜷川幸雄からも「金原さんは初めての作詞だってことだけど、やっぱりうまいよね。感動した」とお墨付きをもらった。

 しかし、そんな金原本人は「基本的には、『蛇にピアス』の世界を詞という形にとは思っていましたが、主人公の見ているものを書くのか、外の世界から主人公を見つめて書くのか、話し言葉で書くか、書き言葉で書くか、初めての事なのでどういうスタンスで書けば良いのかというところで一番悩みました」とやはり作家らしく、創作の過程に悩んでいたことを明かした...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/29 03:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「BLEACH」原作・久保帯人、米ファンと熱烈初交流






 「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載中で、海外にも熱烈なファンが多い人気漫画「BLEACH」の原作者・久保帯人が26日(土)、サンディエゴで開催中のComic-con International(コミコン)に登場した。

アメリカのファンと交流した久保帯人

 アメリカでは“SHONEN JUMP”で連載、TVアニメも放送されているだけに、会場前には開始2時間以上前から行列ができ、入場できなかったファンも多かった。アメリカのファンと交流するのは今回が初めてという久保を、興奮したファンが割れんばかりの拍手と歓声で迎えた。仕事場を公開するビデオの上映や、ファンからの質問を中心に構成された約1時間のイベントとなった。

 「アメリカにこんなにたくさんのファンがいることはいつ知りましたか?」の質問には、「(到着した)昨日です」と素直に応答。イベント終了後も展示ホールではサイン会が開催され、再び長い行列ができた。

■関連記事
コミコン最大の注目作“Watchmen”フィーバー過熱 (2008/07/26)
映画会社とゲーム会社のボーダレス化進むコミコン (2008/07/26)
ルーシー・リュー「アフロサムライ」第2弾に出演 (2008/07/25)
コミコン開幕!フォックス&サミットのスターが先陣 (2008/07/25)
コミック&キャラクターの祭典コミコン開幕 (2008/07/25)
(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





【2008/07/29 04:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。