スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

「エヴァ」の庵野秀明も絶賛! 『スピード・レーサー』にハマる男子急増!






 日本の人気アニメ「マッハGoGoGo」を原作とした映画『スピード・レーサー』にハマッてしまう男子が世界中に急増しているのだが、大人気テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を生み出したアニメーターであり、映画監督の庵野秀明もその中の一人のようだ。

【関連写真】映画『スピード・レーサー』ギャラリー

 本作は映画『マトリックス』シリーズのアンディ、ラリー・ウォシャウスキー監督が最新映像技術を取り入れ、アニメの世界観を実写で表現。原色を多様した画作りや、ほとんどをCGで処理したという、実写では表現不可能なカーレース・シーンなど見どころが盛りだくさんな作品。リアルタイムでアニメを観ていたファンにも大好評で、アメリカでは新シリーズアニメの放送も検討中とのこと。

 本作を観賞した庵野は「フィルムすべてが『マッハGoGoGo』に対する愛情に満ち満ちています。それだけでもう感動します。たまらなく素晴らしい!」と絶賛のコメントを寄せた。また、本作には日本から真田広之が参加。謎めいた男ミスター武者を演じ話題になっているのだが、その真田も原作の大ファンで、ワールドプレミアに参加した際には「原作アニメをリアルタイムで観て育った世代なので、ファンとしてここにいるような気もします!」と興奮しながら語る姿があった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/07 01:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

石田純一に独占インタビュー!今まで乗ったフェラーリは5台!昨日も納車されたばかり






 これまでに大ヒットしてきた映画『ワイルド・スピード』などをさらに超えるとうわさされるカーアクション映画『レッドライン』が、7月5日より公開される。何とこの作品、製作のダニエル・サデックのこだわりによって、フェラーリ、ポルシェ、アストンマーティン、ランボルギーニといった数々のスーパーカーが、惜しげもなくCGなしでカーアクション、そしてクラッシュを繰り広げるという、CG全盛の昨今においては考えられないような内容になっている。そんな本作に魅了された、石田純一に話を聞いた。

【関連写真】映画『レッドライン』

 フェラーリ愛好家としても知られる石田。まず注目したのは、極限まで実写にこだわったリアルな映像だそうで、「最近はCGを駆使した作品が多いけど、これは本当に走らせているから疾走感が違いますよね」とその迫力にノックダウンされた様子。そして、「この中にもエンツォというフェラーリが出てきましたけど、実際に手にしたような感覚が伝わってくるんですよ。なかなかコックピットに自分が座ってエンジンつけることなんてないですし、まずは映画で楽しんでください」と話題は大好きなフェラーリへ。

 「今までに乗ったフェラーリは、328、348、テスタロッサ、456、575Mマラネロの5台で、実は昨日599っていう新しいのが来たばかりなんですけど、もう本当に最高なんですよね...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





【2008/07/07 01:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。