スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

橋口亮輔監督とキム兄、倍賞美津子に首ったけ!? 『ぐるりのこと。』トークショーで監督談義に花咲かす






 全国28スクリーンで公開中の『ぐるりのこと。』の橋口亮輔監督が3日(木)、本作に出演しているキム兄こと木村祐一と東京・シネスイッチ銀座でトークショーを行った。

橋口亮輔監督と木村祐一、その他の写真はこちら

 公開4週目で興行収入1億円が視野に入ってきた橋口監督は、「いろいろな媒体で紹介してくれてありがたい。でも、キャストの皆さんの頑張りに注目してください」と俳優陣を称えた。その後、話題は『ぐるり~』から、木村が初監督に挑戦する『ニセ札(仮)』に集中した。

 主演に『ぐるり~』でも木村多江の母親を好演した倍賞美津子を迎えて撮影中の木村は、「モニターから倍賞さんのアップを見ていて、思わず“かわいい”ってこぼしちゃいました」と話した。強く同意する橋口監督も、「懐の深いところを見せてくれた倍賞さんとだったら結婚できるかもしれない……と思いました」と照れ笑いを浮かべながら明かした。

 また、役者のときと台本の見方がまったく違う、と語った木村。「この年になると、褒められる機会が少なくなるので不安ばかり。現場のスタッフの会話に聞き耳立てながらやってます」と話したが、役者としても出演しており、撮影現場の充実ぶりが見て取れた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/06 00:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

河崎実監督“ギララ・ガッパ超特急”構想語る






 41年ぶりに復活する特撮怪獣映画『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪』に主演の加藤夏希、加藤和樹、ザ・ニュースペーパー、河崎実監督らが3日(木)、都内で完成会見を行った。

ダブル加藤&河崎実監督の写真はこちら

 北海道洞爺湖サミットでG8(主要8カ国首脳会議)が白熱した議論を展開するなか、北海道・札幌に大怪獣ギララが出現する。環境問題や国際政治ネタを盛り込みながら、ギララを退治するために人類が一致団結する姿を描く。

 河崎監督は、「今やCG全盛期で、日本の特撮映画に元気がない。早く安くがモットーの私が才能を発揮して、全力でつくった」と意気込んだ。さらに、「これが当たらなかったら日本の映画は真っ暗だよ。どんな卑きょうな手を使ってでも成功させたい。当たれば次は“ギララ・ガッパ超特急 解散総選挙危機一髪”ですよ!」とまくしたてた。

 ビートたけしが“タケ魔人”として重要な役どころで登場する。「たけしさんに構想を話したら『くだらねーな』と笑われたけれど、うまくだまして出てもらった」と得意顔だ。

 主演のダブル加藤も、「本当にくだらない。でも、やるからにはとにかくまじめに演じた。そうすることで笑いが引き立つと思ったから」と声をそろえた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





【2008/07/06 02:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。