スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

森下悠里、ほぼ半裸!ヒョウ柄浴衣でこぼれそうな胸元は露出サービスし過ぎ?






  28日、映画『秘密潜入捜査官 ワイルドキャッツ in ストリップ ロワイアル』が公開初日を迎え、主演を務めるかでなれおん、森下悠里、中村知世がセクシーなヒョウ柄の浴衣姿を披露した。

【関連写真】映画『秘密潜入捜査官 ワイルドキャッツ in ストリップ ロワイアル』

 3人ともおそろいの浴衣姿で登場……と思いきや、1人だけ肩を全開にし、胸元を大胆に露出してみせたのが人気グラビアアイドルの森下だった。集まった取材陣の視線も、そのこぼれそうな胸元に集中。さらにスリットから美脚を披露するサービスぶりで、隣に立つかでなれおんと中村を圧倒していた。

 劇中でもさまざまなコスプレを披露している森下は「彼氏が望めば、どんな格好でも喜んでやります」と実生活でもサービス満点だとコメント。また「タイトルにもありますが、ストリップに初挑戦したので、ぜひ観てください」とほぼ半裸状態のファッションだけでなく、発言も赤裸々な森下だった。

 『秘密潜入捜査官 ワイルドキャッツ in ストリップ ロワイアル』は警察組織が解決できない難事件を捜査する秘密潜入捜査官“ワイルドキャッツ”の名コンビ、ハニー&バニー(かでなれおん、森下)の活躍を描いたお色気アクション...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/07/01 02:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

トロント映画祭のラインナップ出そろう






 9月4日(木)から開催される第33回トロント映画祭のラインナップのうち、27作品が発表された。ほとんとが北米プレミアとなる。 

キム・ジウン 監督の西部劇アクション映画“The Good, The Bad, The Weird”の場面写真はこちら

 今年のラインナップでは、カンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した“Entre les murs” (The Class)など、カンヌで上映された作品が多く見られるのが特徴だ。例えば、Galaで上映される韓国のキム・ジウン 監督の西部劇アクション映画“The Good, The Bad, The Weird”を始め、カナダ人監督アトム・エゴヤンの“Adoration”が特別上映されるほか、脚本賞を受賞したダルデンヌ兄弟の『ロルナの沈黙』、主演女優賞を受賞したウォルター・サレス監督のLinha de Passe、監督賞を受賞したヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の“Three Monkeys”など、計14作品が入っている。

 27本のラインナップは以下の通り。

GALA上映
“The Good, The Bad, The Weird”:キム・ジウン (韓国)

特別上映
“Adoration”:アトム・エゴヤン(カナダ)
“Un conte de Noël”:アルノー・デプレシャン(フランス)
“Entre les murs” (The Class):ローラン・カンテ(フランス)
“Gomorrah”:マッテオ・ガローネ(イタリア)

Masters (巨匠)部門
『24 城記』:ジャ・ジャンクー(中国)
“Four Nights with Anna”:Jerzy Skolimowski(ポーランド/フランス)
“Of Time and the City”: Terence Davies(イギリス)
『ロルナの沈黙』:ダルデンヌ兄弟(ベルギー/フランス/イタリア)
“Three Monkeys”:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン(トルコ/フランス/イタリア)

Reel to Reel部門
“Blind Loves”:Juraj Lehotský(スロバキア)
Visions (先取り)部門
“Liverpool”:Lisandro Alonso (アルゼンチン/フランス/オランダ/スペイン/ドイツ)
“Service”:ブリランテ・メンドーザ(フィリピン)

Vanguard (前衛)部門
“Waltz with Bashir”:アリ・フォルマン(イスラエル)

Discovery (発見)部門
“Hunger” :スティーヴ・マックィーン(イギリス)
“Medicine for Melancholy” : Barry Jenkins (アメリカ)
“The Paranoids” : Gabriel Medina (アルゼンチン)
“Salamandra” :Pablo Aguero (アルゼンチン/フランス)
“Three Blind Mice” :Matthew Newton (オーストラリア)
“Tony Manero” :Pablo Larrain (チリ/ブラジル)
“Tulpan”:Sergey Dvortsevoy(ドイツ/スイス/カザフスタン/ロシア/ポーランド)
Contemporary World Cinema (現代をうつす世界の映画)部門
“Acne” :Federico Veiroj (ウルグアイ/アルゼンチン/スペイン/メキシコ)
“Linha de Passe”:ウォルター・サレス&ダニエラ・トマス(ブラジル)
“O'Horten”:ベント・ハーマー(ノルウェー/ドイツ/フランス)
“Lion's Den”パブロ・トラペロ(アルゼンチン/韓国/ブラジル)
“Restless”:アモス・コレック(イスラエル/ドイツ/カナダ/フランス/ベルギー)
“Revanche”: Götz Spielmann(オーストリア)


■関連記事
まさに旬!1カ月まるごと「スカパー!小栗旬祭り」 (2008/06/26)
マツジュン『花男ファイナル』に自信満々 (2008/06/23)
『花男ファイナル』前売りが驚異的セールス (2008/06/02)
(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





【2008/07/01 05:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。