スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

木村祐一、元妻えみりとの夏の思い出フラッシュバック!りょうが気遣い?






 11日、有楽町・よみうりホールで映画『西の魔女が死んだ』の特別試写会が開催され、主演のサチ・パーカー、高橋真悠、りょう、木村祐一、そして主題歌を歌う手嶌葵が出席した。

【関連写真】映画『西の魔女が死んだ』の写真ギャラリー

 同作の撮影は昨年夏、美しい自然の山梨県清里で行われ、出演者たちにとってもステキな思い出になったようだ。そこで司会者から「みなさんの夏の思い出といえば?」という質問が。すると「子どものころの家族旅行を思い出す」(サチ)、「家族みんなでディズニーランドに行ったこと」(高橋)、「子どもとダンナを連れて、夏フェスに行った」(りょう)とステージ上では、家族との思い出話に花が咲いた。

 そんな中、一人バツが悪そうだったのが、今年4月に辺見えみりと離婚したばかりの木村。「木村さんの前で、幸せな家族のことは言いにくいのですが……」と気を使ったりょうに対して、苦笑しながら「お構いなく!!」と返した木村は、「去年、元妻のえみりと行った軽井沢の温泉で『お湯がぬるいね』って話してたら2人の関係もぬるくなりました」と自虐的なコメントで芸人根性を見せつけた。木村にとっては、りょうの気づかいが余計なお世話などではなく、おいしいネタ振りだったようだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/13 08:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

広末涼子、深紅のドレスで脚線美を披露!でも夫婦仲について本木からキツイ一言!






 11日、東京国際フォーラムにて映画『おくりびと』の完成会見が行なわれ、本木雅弘、広末涼子、山崎努、滝田洋二郎監督、脚本を手がけた小山薫堂が映画への思いを語った。

【関連写真】映画『おくりびと』の写真ギャラリー

 ひざ上丈の深紅のワンピースに7cmはあろうかというピンヒールで登場し、脚線美を披露した広末は主演の本木を絶賛。元チェリストという設定の本木は、ロケ先の山形でも撮影が終わった後、ホテルの部屋で毎晩チェロを練習していたという。「上の階から聴こえてくる本木さんの奏でるメロディーを子守唄にして、先に寝てしまってごめんなさい」と会見の場を借りて謝りながら、役作りへの熱意と勤勉さに感動したと“夫”を称えていた。

 一方、本木からは妻を演じる広末に対して思わぬ毒舌コメントが。「“この映画の中では”わたしたちは夫婦の危機を乗り越えました」と先日離婚を発表した広末の私生活をネタにした発言にマスコミ陣のほうがビックリ、会場がドッと沸くどころか一瞬シーンとなってしまう一幕があった。広末も笑顔を浮かべながらもかなり動揺した様子だったが「まあ、(マスコミへの)リップサービスだから、こういうことも言わないと……」とマイクに入らないような小さな声で“妻”をなだめる本木...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





【2008/06/13 10:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。