スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

高橋ジョージ&三船美佳夫妻“親子の絆”演奏に感嘆






 離れ離れになった親子が、音楽を通じて再会を果たす姿を描くアメリカ映画『奇跡のシンフォニー』の公開を記念し、「親子の絆(きずな) 父の日音楽祭」と題したイベントが10日(火)、都内のホールで行われた。

ジョージ&三船の熱々ツーショット

 高橋ジョージ・三船美佳夫妻が審査員を務め、4組の親子が鍵盤ハーモニカやピアノ、ダンスなどのパフォーマンスを披露。お父さんがリコーダーを吹き、鍵盤ハーモニカで「きらきら星」を演奏した8歳の小野有希ちゃんが優勝した。

 3歳の娘の父親でもある高橋は「お父さんがアイコンタクトをとって、一生懸命努力している姿が良かった。感動させてもらった。90%は娘さんの力だけど、残りの10%が大事なんです」と講評。三船も「上手でかわいくて、絆を感じました」と笑顔で話した。

 映画に関しては、「こんな映画が見たかったという欲求をすべて満たしてくれた。音楽ありきでストーリーがある。早くサントラが欲しい」と大絶賛。三船は「娘やパパ(高橋)がいつもいる、当たり前の存在と思っちゃいけないとあらためて感じた。なんでもないようなことが幸せだったと思うんですよ」と、「虎舞竜」のヒット曲「ロード」にひっかけて感想を語った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------





スポンサーサイト
【2008/06/12 02:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。